スポーツ・文化活動に取り組む女性の支援

活動環境の改善を通じた女子サッカー選手の応援

当社は「女性を応援する企業」としての象徴的活動として、2011年10月より、本社・工場を置く埼玉県を拠点として活躍する女子サッカーチーム「ちふれASエルフェン埼玉」のトップパートナーを務めています。

チームの活動環境を改善することで、目標に向かって頑張る女性の活動を支援しています。

2013年2月には、それまでの支援活動を拡大し、同チームの選手を「スポーツ枠特別社員」として雇用。
この制度では、コーチと選手を社員として迎え、彼女たちの練習や試合も勤務時間として認めるとともに、チームの活動を考慮した休日を設定しています。
当制度を通じたチームの活動環境の改善により、目標に向かって頑張る女性の活動を支援しています。

2018年12月には、スポーツ事業会社「株式会社エルフェンスポーツクラブ」を設立し、同チームの運営に取り組んでいます。
2019年3月現在、キャプテン伊藤 香菜子をはじめとして14名の選手が当社の社員として働いており、他の社員からは「一緒に働くことで現場が明るくなる」、「チームを応援したくなる」という声もあり、双方にとって良い影響を与えているものと考えます。

また、埼玉県飯能市の飯能工場敷地内には、社員の福利厚生施設として建設した「ちふれ飯能グラウンド」を練習場所として、飯能研修センターをクラブハウスとしても使えるようにチームに提供しております。

飯能研修センター
飯能グラウンド
飯能研修センター内 トレーニングルーム

<チームプロフィール>
監督:菅澤 大我(すがさわ たいが)
キャプテン:伊藤 香菜子(いとう かなこ)
公式サイトURL:http://www.as-elfen.co.jp/

女性が輝くよさこいチーム「とらっくよさこい」の応援

2015年6月1日(月)から、高知よさこいチーム「とらっくよさこい」と、メインスポンサーシップ契約を締結いたしました。

「よさこい」は、1954年第1回高知県よさこい祭りを皮切りにスタートし、1970年には日本の祭り10選にも選ばれ、現在では全国200か所で開催されるイベントです。

踊り子人口は推定40万人、うち9割が女性と言われており、中でも「とらっくよさこい」は、チームメンバー平均170名(女性参加者9割)を有する大型チームです。これまで25年間、高知県で演舞に取り組んできた名門でしたが、長年のスポンサーの降板により、2014年をもって活動休止となりました。

この実力あるチームの活動休止を惜しむ声は多く、2万人以上の署名が集まる中、2015年3月、スポンサー募集を行うクラウドファンディングが開始されました。

化粧品を通じ、女性をサポートしてきた弊社としては、存続の危機にあるチームのスポンサーになることで、少しでも多くの女性にいきいきと活躍していただけたら、という想いから協賛を申し出ることにいたしました。

GotoTop